覚えたいマーケティングの手法

マーケティングの手法は、企業や部署、そこで仕事に従事する人間によって異なってきます。大まかな分類に分けることはできますが、これが至極のマーケティングだ!と呼べるようなものはありません。
大切なのは、どういった状況において、どのような商品を流通させたいか、どのような客層をターゲットにして販売を考えているのか、といった基礎的な概念を忘れないことです。
まず、対象が決められない場合はマーケティングリサーチを行いましょう。アンケートやモニターの依頼で、一般人の要望を集めるのも広報の第一歩となりえます。
そして具体例が決まったら、プロモーション活動を行ったり価格戦略に力を入れたりします。売り方も訪問販売やインターネットでの流通など、品物によって変わってくると思います。
自社に合った活動を、無理のない範囲で行うことが重要です。


 

マーケティング効果は絶大

マーケティング活動によって得られるメリットは、たくさんあります。
例えば常連の顧客が増えたり、相乗効果で知名度や認知度が上がったり、次の商品に対する期待値が高まったり、企業側に嬉しい効果が盛りだくさんです。
しかしこれらの活動によって得をするのは、企業だけではありません。商品を買う側、消費者側にも多大な利点が存在するのです。
企業は自分たちの評判を落とさないため、宣伝活動はもちろん、製品開発やアフターケアにも力を入れています。そのためマーケティング活動を盛んに行っている企業の商品は、良質なものが多いです。すると自然にサービスも行き届き、気持ちよく買い物をすることが可能になります。
このように、双方が利益を得られるというのが、最もすごいマーケティング効果といえるでしょう。